PAGETOP

会誌「CT検診」投稿原稿見本

会誌「CT検診」投稿原稿表紙

会誌「CT検診」投稿規程

会誌「CT検診」投稿規程

1.投稿資格

本誌への投稿は主著者が本学会会員であるか、投稿料を納められるものに限る。

2.投稿原稿の採否

投稿論文に対しては複数の委員による査読を行い、編集委員会において最終的に採否を決定する。

3.論文の種類

原稿は、CT検診に関するもので、下記の種類に分類する。
a)原著:他誌に発表されていない知見を有し、原著にする意義があると著者が判断する論文。
b)速報:他誌に発表されていない知見を有し、速報する意義があると著者が判断する論文。
c)技術:他誌に発表されていない知見を有する技術論文。
d)症例報告:CTでの検診に関連した興味ある症例の紹介で、他誌に報告されていないもの。
e)特集:決められた主題に基づき執筆される編集委員会からの依頼論文。
f)総説:既に他誌へ原著として投稿した論文に関連した内容の論文。他誌へ掲載した図表などを転載する場合には、掲載誌の編集委員長の許可が必要となる。
g)資料:研究、技術および症例に関する資料・調査結果など。
h)報告・意見:当研究会関連部会・委員会報告、本研究会活動全般および本誌掲載論文に対する意見や批評。
i)その他:上記に分類できないもので、編集委員会が必要と認めたもの。

4.記載の形式

a)原稿は和文または英文とし、A4版、横書きとする。本文は、和文、英文とも1段組とする。本学会ホームページ投稿原稿見本を参照すること。原稿の記述は、希望する種類、標題、著者氏名、所属、和文要旨(400字以内)、和文キーワード(5語以内)、英文標題、ローマ字著者氏名、英文所属、英文要旨(200語以内)、英文キーワード(英文5語以内)、本文、文献、図の説明とする。ただし、症例、資料、報告・意見については、要旨・キーワードは省略できる。
b)投稿原稿の長さは、和文要旨・英文要旨を除き、原著原稿は仕上がり5頁から8頁以内、速報は4頁以内、その他は8頁以内とする。仕上がり1頁は1600字に相当。図・写真は原稿がカラーであれば、特に指示がない場合カラーとする。
c)図・写真はA4版を越えないようにし、図表の枚数は、必要以上に多くせず、本文分量に適度に合ったものとする。図表の説明は英文(Fig.1…, Table 1…)とする。
d)引用文献は本文に引用された順に[1],[2],[3]…と番号をつけ、末尾の文献の項に一括して記載する。原著は30以内、速報および症例報告は15以内とするが、総説、その他に関しては著者の判断に任せる。
e)引用文献の記載方法。

雑誌の場合、著者名(3名以内は全員、それ以上の場合4名以降は他またはet al):論文名. 雑誌名(欧文はイタリック) 発行年(西暦);巻数:頁―頁。

[例] 飯沼 武、舘野之男、松本 徹、他:肺癌検診用CT(LSCT)の基本構想とその事前評価. 日医放会誌 1992;52:182-190
[例] Kaneko M, Eguchi K, Ohmatsu H, et al: Peripheral lung cancer; screening and detection with low-dose spiral CT versus radiography. Radiology 1996; 201:798-801

単行本の場合、 和書;著者:題名、編集者(または監修者)、書名、版数、発行地:発行所;年号(西暦):掲載頁。洋書;Authors' last names and initials: Chapter title. Editor's name. Book title (Italic). Edition. Publisher, City, Year: Pages.

[例] 柿沼龍太郎:第4章 画像診断 1.ヘリカルCT肺癌検診の画像診断、末舛惠一、先端医療シリーズ20・癌 肺癌の最新医療、初版、東京:先端医療技術研究所;2003:101-104
[例] Press WH, Flannery BP, Teukolsky SA et al: Numerical recipe in C. Cambridge University Press, Cambridge, 1988: 10-24
[例] 胸部CT検診研究会:http://www.thoracic-ct-screening.org/
(ホームページのアドレスを掲載する場合、時間がたつと、そのページがなくなってしまうことが多いので、著者がそのページのファイルを保存できる場合のみ引用可能とする。)

5.投稿方法

a)初回投稿は、本学会ホームページ投稿原稿見本に従って作成した原稿と投稿原稿表紙、および電子ファイルを本会事務局へE-mailで送付する。データが10M以上と大きい場合には、USBメモリーまたはCDに入れて下記住所に送付する。
b)査読後に掲載許可の出た論文も、同様に送付する。

〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3-11-15 UEDAビル 6階
株式会社クバプロ 日本CT検診学会事務局
TEL:03-3238-1689  FAX:03-3238-1837  E-mail:日本CT検診学会事務局

6.校 正

査読終了後掲載の承諾を得たのち、レイアウトした校正を著者にメールで送り、校正後、返却する。著者校正は原則としてこの1回とする。

7.著作権

本誌掲載の論文の著作権は日本CT検診学会に帰属する。著者は、本学会事務局から折り返し送付される著作権に関する「誓約書」に必要事項を記入の上、本学会へ提出するものとする。

8.利益相反について

本学会の利益相反規定にしたがい、記載の義務が生じるものとする。利益相反がない場合には、論文の末尾、謝辞または文献の前に、「申告すべき利益相反はありません」などのように記載する。

9.その他

本学会会員の職種は医療関係者、工学研究者、医療機器メーカー研究者等と多岐にわたるので、専門用語や略語はできるだけ避け、使用する場合には必要に応じて簡単な説明を加えること。