演題募集要項/参加者へのご案内

募集期間

2017年10月16日(月)〜12月1日(金) 12月6日(水) 12月15日(金)

※演題募集期間を12月15日(金)まで延長致しました。
※演題登録フォームの入口は、このページの一番下にございます。
※以下の内容をよくお読みになり、演題登録フォームにお進み下さい。


募集演題

一般演題は、下記の主題を参考に応募いただければ幸いです。
このほか、募集する演題の種類・性質について、特に指定しておりませんので、下記以外の一般演題も広く募集いたします。

肺がん検診関連: 検診有効性評価
検診成績
精度管理
発見癌の治療
読影や経過観察の基準
精密検査や鑑別診断
アスベスト関連
教育的症例
肺がん以外疾患: COPD、びまん性肺疾患
CTコロノグラフィー
喫煙の害/禁煙
循環器疾患/内臓脂肪等
技術: 撮影技術
被曝低減/被曝管理
CAD

採否通知について

ご応募いただいた演題の採択は、会長にご一任ください。
採否・発表セッション・発表時間などについては、学術集会事務局よりメールにてご案内させていただく予定です。


演題の応募から発表までの流れ

1) 演題応募(抄録原稿の提出)(12月1日(金) 12月6日(水) 12月15日(金)まで)
2) 採否通知
3) 口頭発表(2月9日(金)または2月10日(土))


発表形式

口演発表は、原則として事務局で準備したPCによるパワーポイント2010を使った発表となります。自身のPC/Mac持込での発表も可ですが、接続時のトラブルなどの可能性がありますので自己責任でお願いします。それ以外の発表形式をご希望の場合は、演題応募時にご連絡ください。
また、講演中は、演者ご自身で演台上の機器を操作していただきます。


利益相反(COI)の開示について

日本CT検診学会では、「研究・学会活動の利益相反に関する指針」を作成し、2014年3月1日より施行しております。本学術集会での発表者(代表演者および研究責任者)は、この指針の対象者となりますので、本指針および「利益相反の取扱いに関する規定」をご一読いただき、利益相反の開示をお願いします。

発表にあたりましては、以下のサンプル(PPTファイル)をご活用いただき、発表スライドの最初(タイトルスライドの次)あるいは最後で、必ず利益相反の開示をお願いします。

申告すべき利益相反状態がある場合
申告すべき利益相反状態がある場合
申告すべき利益相反状態がない場合
申告すべき利益相反状態がない場合