演題募集要項/参加者へのご案内

事前参加登録をされた方の参加証について

【事前参加登録をされた方の参加証について】
 事前送付は行っておりませんので、学術集会当日「事前参加登録者受付」にて
 参加証をお受け取りください。
 なお、期日までにご入金を確認できていない場合は、当日参加登録となりますので予めご了承ください。


募集期間

2018年10月22日(月)〜12月3日(月)

※以下の内容をよくお読みになり、演題登録フォームにお進み下さい。


募集演題

学術集会テーマ「CT検診にかかわるすべての人のために」とさせて頂いたように、低線量CT検診や大腸CTにかかわるさまざまな職種、立場の方から幅広い内容の一般演題を募集します。下記の主題を参考に、従来の学術集会の内容に加え、実務における工夫や取り組み、受診者に提供している情報やサービス、また検診を契機に診断された貴重な症例の発表を歓迎いたします。

肺がんCT検診関連 検診の運用、実務の工夫
検診成績
精度管理の方法
教育的症例 CT検診が発見の契機となった症例
早期診断が困難であった症例
肺がん以外の病態 肺気腫性変化、びまん性肺疾患
縦隔、胸膜病変
肺抗酸菌症
内臓脂肪、骨、循環器の評価
大腸CT 撮影技術、成績、副次的所見の評価
技術関連 撮影技術、被ばく低減、被ばく管理
コンピュータ診断支援(CAD)
タバコ対策 検診の場における禁煙支援

採否通知について

ご応募いただいた演題の採択は会長にご一任ください。
採否・発表セッション・発表時間などについては、学術集会事務局よりメールにてご案内させていただく予定です。


演題の応募から発表までの流れ

1) 演題応募(抄録原稿提出):12月3日(月)まで。
2) 採否通知:事務局からメールにてお知らせします。
3) 口演発表(2月8日(金)または2月9日(土))、なお、演題数によりポスター発表をお願いする場合があります。


利益相反(COI)の開示について

日本CT検診学会は「研究・学会活動の利益相反に関する指針」を作成し、2014年3月1日より施行しております。本学術集会での発表者(代表演者および研究責任者)はこの指針の対象者となりますので、本指針および「利益相反の取扱いに関する規定」をご一読いただき、利益相反の開示をお願いします。

発表にあたりましては、以下のサンプル(PPTファイル)をご活用いただき、発表スライドの最初(タイトルスライドの次)あるいは最後で、必ず利益相反の開示をお願いします。

申告すべき利益相反状態がある場合
申告すべき利益相反状態がある場合
申告すべき利益相反状態がない場合
申告すべき利益相反状態がない場合

演題登録フォーム